日本茶の魅力

日本茶は、発酵をさせないので「不発酵茶」です。発酵をさせると「紅茶」になり、半発酵だと「ウーロン茶」になります。同じお茶の木から作っても発酵させるさせないで、紅茶になったり日本茶になったりってお茶の木ってすごいなと感心してしまいます。

更に日本茶だけで、いろんな種類があるのですが知っていましたか?

お茶を飲む

「抹茶」「玉露」「ほうじ茶」「煎茶」「玄米茶」は有名ですよね。でもそれ以外にもいろいろあるんですよ!
では日本茶の種類を書きますね。

「抹茶」「玉露」「かぶせ茶」「煎茶」「深蒸し煎茶」「茎茶」「芽茶」「粉茶」「窯炒り茶」「番茶」「玄米茶」「ほうじ茶」があります。

木は同じでも、収穫時期や栽培方法の違いや、製法の違いでここまでいろんな種類になるなんて日本茶ってすごいなって思います。

また種類によって、お湯の温度や抽出時間を変えた方が美味しいお茶になります。せっかくなので、少しでも美味しく飲む方がいいので、そのあたりも気を付けて飲むのがいいと思います。

また、お茶っていつも適当に急須に茶葉を入れていませんか?一番は茶さじを使用するのがいいですが、無い場合も多いと思います、そんな時は大き目のスプーン1杯分を入れるとちょうどいいですよ。

日本茶はもっと魅力があって、いろんな効能があるんです!

同じお茶の木から作っているんだったら、紅茶やウーロン茶も同じなんじゃない?と思うところですが、日本茶と紅茶やウーロン茶にとって最大の違いがあるので日本茶には栄養満点なんですよ!

日本茶は、発酵させないので、体に良い成分がそのまま残るんです。

ガンの抑制に日本茶が有効であると研究発表がありましたね。

どうやら日本茶に含まれる「ポリフェノール」や「カテキン」が有効だそうです。

あと、お寿司屋さんでは必ず日本茶が出てきますよね。これって意味があったんですよ!食中毒を防ぐためだったのです。どうやら腸炎ビブリオ菌というのは、お茶に非常に弱く、お茶とあうと死んでしまうそうです。そういった日本茶の力を借りて食中毒の
予防にも駆り出されています。

お茶

殺菌作用もあると言われている日本茶。食後にお茶を飲めば口の中を殺菌してくれるようです。虫歯予防にもなりますね。私もこれから食後には毎日日本茶飲みたいと思います。

もっともっと日本茶について知りたくなりました。かなり魅力的なお茶ですね。

今までは麦茶を飲んでいましたが、美味しい日本茶毎日飲んで健康になるのならば、飲み続けたいですね。

覆下栽培

覆下栽培って何?と思った方も多いでしょう。
これは「玉露」「かぶせ茶」「抹茶」を作る際に行う栽培方法です。

藁やむしろを覆い被せて、日光を遮ります。

普通日光に当てると「光合成」が起きて、渋み成分である「カテキン」が増えます

しかし、覆下栽培は日光を遮るので光合成が抑えられてしまいます、そうするとうまみ成分の「テアニン」が増えたお茶となります。

こうしてテアニンが増えたお茶の香りは「覆い香」と言われる香りがあります

玉露とかぶせ茶は、日光を遮る期間が異なります。また抹茶は、収穫後に蒸して、揉まずに乾燥させて石臼で引いたものです。

手間暇かけているので、高級茶になるんです。抹茶は、茶葉を丸ごと使っているので旨みや成分がぎゅっと凝縮されています。

抹茶ってよく茶道なんかで泡立てていますよね。あれは甘味を引き立たせるためなんです。

ちょっと茶道となると敷居が高いですが、家でも気軽に飲めるようなので飲んでみてはいかがでしょうか?

煎茶、芽茶などの日本茶

日本茶で一番ポピュラーなのが「煎茶」ではないでしょうか?
煎茶は、摘み取った茶葉を蒸し、その後にもみながら細くよりあげて、乾燥をさせたものです。

また蒸し時間の短いものが煎茶で、長いものを深蒸し煎茶といいます。

高級茶と言えば・・・「玉露」を思い出しますが、煎茶にも高級茶はあります。煎茶の高級茶も飲んでみたいですね。

粉茶って知ってますか?お寿司屋さん(回転寿司ではないところ)で出されるお茶です。

煎茶を作る工程で出てきた茶葉や茎なんかのかけらを集めたものです。

かけらを集めたので細かい茶葉ばかりで粉っぽいのお茶です。こちらは急須に入れた時に蒸らす時間がほとんどなくて大丈夫なので、手軽に飲めるお茶です。

そうそう、回転ずしとかである粉末状のお茶とは違います。

芽茶も、粉茶と同じで煎茶を作るときにでてくるもので、まだ葉になっていない小さな芽がたくさん含まれています。

これから成長していく部分なので栄養分がたくさんあるので味わいも濃厚です。こちらは他のお茶と違い、何回もお茶が楽しめるのが魅力です。

茎茶は、茶葉の茎の部分ばかり集めたものです。煎茶や玉露の茎だけを集めたものは、「かりがね」とも言われています。値段が手ごろなところもいいですね。

オシャレだな、と思う男性の服装

好感が持てる男性の服装はまず清潔感です。自分の好きな系統のファッションか、そうでないかに関わらず、まずは服にしわが寄っていないか、サイズは合っているか、毛玉は沢山付いていないか、靴は綺麗かというような事はパッと見た印象で重要です。上から下まで新品のようにピカピカ、という事ではなく、身だしなみに気を使っているかという事がこれで分かります。

最低限のマナーというか、当たり前の事のようですが、身綺麗さはとても重要です。

この辺りが大丈夫なら、あとは帽子、マフラーのような季節に合った小物使いをしているだけでオシャレだな、と思います。いつも帽子を被っている人なら、冬はツイードやニット素材にする、とかですね。服装に合わせて、さりげなくバッグを合わせていたりすると、より素敵に見えます。モノトーンの服装の中にベルトの赤い差し色が見えたり、カッチリした着こなしでもスニーカーを合わせていたり、個性が見えるのも「オシャレだな」と感じます。

全身、文句無しで頑張った感じのオシャレより、よくある激安メンズ服通販で購入できるようなTシャツとジーンズでも小物使いがうまいとか、色の合わせ方が上手というさりげないオシャレの方が、こなれ感があってとても素敵に見えます。

ほうじ茶

ほうじ茶は、煎茶や茎茶などを高温で焙煎し、一気に水分を飛ばしたものです。
ほうじ茶で注意したいのが、急須に入れる量ですね。

緑茶の様にスプーン一杯にしてしまうと、薄くなってしまい味がありません(-_-メ)私も何度か失敗しました。

美味しく飲むためには、量をきっちり量ってほしいです。

先日伊勢神宮に行った際に赤福へ寄ってみました。前から赤福のほうじ茶が美味しいなと思っていたところ販売していたので買ってみました。

赤福 ほうじ茶

「ほうじ茶 赤福」とだけ書いてあるこのお茶の入れ物シンプルでいいです。

このほうじ茶を飲むと、赤福を思い出します。安かったので是非みなさんも買ってみてください。

ほうじ茶は、他のお茶と違って「カフェイン」が少なく渋み成分の「タンニン」も消えてしまうので、胃にも優しく、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く飲める魅力的なお茶です。

ほうじ茶は安いものと思い込んでいましたが、高級なものも存在するそうです。一度その高級ほうじ茶を飲んでみたいところです。

番茶や玄米茶

番茶は元々「晩茶」と書いていたそうで、新芽を摘み取った後に伸びてきた芽を摘み取っていました。
製法は、煎茶と同じで摘み取った茶葉を蒸し、揉んで乾燥・・・が多いのですが、生産各地によって製法が若干異なってきます。

番茶は、庶民の味でも親しまれてきました。阿波番茶や京ばん茶が有名です。

各地でいろいろあるので飲み比べや、茶葉の見た目も全く違うのでお取り寄せなんかをしても面白そうな番茶です。

玄米茶は、香ばしくて美味しいですよね。

本来は、茶葉と玄米を1対1で合わせたものですが、今ではいろんなバリエーションがあります。

私は抹茶も混ぜてある玄米茶がお気に入りです。スーパーやお米屋さんなんかで玄米が手に入るようでしたら、玄米を自分で炒って、お茶の葉に混ぜてオリジナルの玄米茶を作るのも面白いですよ。

結構手軽に作れます。みなさんお茶漬けにどんなお茶書けますか?私はお茶漬けに玄米茶をかけますよ。香ばしくて結構おいしいのでオススメですよ。

美味しいお茶の入れ方

前にも書いたと思いますが、お茶は種類によって入れ方が異なります。せっかく美味しいお茶を飲むのですから、少しでも美味しく飲んだ方がお得ですよね。
でもいくつか共通点があるので先にそちらを教えます。

まずは、最初に湯飲みや急須にお湯を入れて温めまておきましょう!そうすることで冷めることを防げます。

お湯は器に移すたびに10℃下がる性質があるので、冷たい湯飲みや急須を使うとそれだけで冷めてしまいますので気を付けて。

飲みたいお茶の量より少し多めに湯を沸かすだけでいいので、そこまで大変な作業ではないと思います。

あとは、最後の一滴まで湯飲みに注ぎましょう。

茶葉は大き目のスプーン1杯(6g程度)なので、それを参考にしてください。

  • 「玉露」茶葉(8g)を投入し、40-50℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて2-3分じっくりじっくり蒸らしましょう。そうすると旨みが出ます。
  • 「煎茶」茶葉(6g)を投入し、70℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて30-60秒程度蒸らしましょう。
  • 「粉茶」茶葉(5g)を投入し、80℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて10-20秒程度蒸らしましょう。こちらは長く蒸してしまうと味が悪くなりますので注意が必要。
  • 「番茶」茶葉(6g)を投入し、90-100℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて20-30秒程度蒸らしましょう。
  • 「ほうじ茶」茶葉(6g)を投入し、90-100℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて20-30秒程度蒸らしましょう。
  • 「玄米茶」茶葉(6g)を投入し、90-100℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて20-30秒程度蒸らしましょう。

温度計がない!という方は、先ほど書いた、器を移動するとそれだけで10℃下がるという事を頭に入れてやれば簡単に温度が下がりますよ。

ではみなさんも私と一緒に美味しい日本茶を飲みましょう!