煎茶、芽茶などの日本茶

日本茶で一番ポピュラーなのが「煎茶」ではないでしょうか?
煎茶は、摘み取った茶葉を蒸し、その後にもみながら細くよりあげて、乾燥をさせたものです。

また蒸し時間の短いものが煎茶で、長いものを深蒸し煎茶といいます。

高級茶と言えば・・・「玉露」を思い出しますが、煎茶にも高級茶はあります。煎茶の高級茶も飲んでみたいですね。

粉茶って知ってますか?お寿司屋さん(回転寿司ではないところ)で出されるお茶です。

煎茶を作る工程で出てきた茶葉や茎なんかのかけらを集めたものです。

かけらを集めたので細かい茶葉ばかりで粉っぽいのお茶です。こちらは急須に入れた時に蒸らす時間がほとんどなくて大丈夫なので、手軽に飲めるお茶です。

そうそう、回転ずしとかである粉末状のお茶とは違います。

芽茶も、粉茶と同じで煎茶を作るときにでてくるもので、まだ葉になっていない小さな芽がたくさん含まれています。

これから成長していく部分なので栄養分がたくさんあるので味わいも濃厚です。こちらは他のお茶と違い、何回もお茶が楽しめるのが魅力です。

茎茶は、茶葉の茎の部分ばかり集めたものです。煎茶や玉露の茎だけを集めたものは、「かりがね」とも言われています。値段が手ごろなところもいいですね。