覆下栽培

覆下栽培って何?と思った方も多いでしょう。
これは「玉露」「かぶせ茶」「抹茶」を作る際に行う栽培方法です。

藁やむしろを覆い被せて、日光を遮ります。

普通日光に当てると「光合成」が起きて、渋み成分である「カテキン」が増えます

しかし、覆下栽培は日光を遮るので光合成が抑えられてしまいます、そうするとうまみ成分の「テアニン」が増えたお茶となります。

こうしてテアニンが増えたお茶の香りは「覆い香」と言われる香りがあります

玉露とかぶせ茶は、日光を遮る期間が異なります。また抹茶は、収穫後に蒸して、揉まずに乾燥させて石臼で引いたものです。

手間暇かけているので、高級茶になるんです。抹茶は、茶葉を丸ごと使っているので旨みや成分がぎゅっと凝縮されています。

抹茶ってよく茶道なんかで泡立てていますよね。あれは甘味を引き立たせるためなんです。

ちょっと茶道となると敷居が高いですが、家でも気軽に飲めるようなので飲んでみてはいかがでしょうか?