番茶や玄米茶

番茶は元々「晩茶」と書いていたそうで、新芽を摘み取った後に伸びてきた芽を摘み取っていました。
製法は、煎茶と同じで摘み取った茶葉を蒸し、揉んで乾燥・・・が多いのですが、生産各地によって製法が若干異なってきます。

番茶は、庶民の味でも親しまれてきました。阿波番茶や京ばん茶が有名です。

各地でいろいろあるので飲み比べや、茶葉の見た目も全く違うのでお取り寄せなんかをしても面白そうな番茶です。

玄米茶は、香ばしくて美味しいですよね。

本来は、茶葉と玄米を1対1で合わせたものですが、今ではいろんなバリエーションがあります。

私は抹茶も混ぜてある玄米茶がお気に入りです。スーパーやお米屋さんなんかで玄米が手に入るようでしたら、玄米を自分で炒って、お茶の葉に混ぜてオリジナルの玄米茶を作るのも面白いですよ。

結構手軽に作れます。みなさんお茶漬けにどんなお茶書けますか?私はお茶漬けに玄米茶をかけますよ。香ばしくて結構おいしいのでオススメですよ。