ほうじ茶

ほうじ茶は、煎茶や茎茶などを高温で焙煎し、一気に水分を飛ばしたものです。
ほうじ茶で注意したいのが、急須に入れる量ですね。

緑茶の様にスプーン一杯にしてしまうと、薄くなってしまい味がありません(-_-メ)私も何度か失敗しました。

美味しく飲むためには、量をきっちり量ってほしいです。

先日伊勢神宮に行った際に赤福へ寄ってみました。前から赤福のほうじ茶が美味しいなと思っていたところ販売していたので買ってみました。

赤福 ほうじ茶

「ほうじ茶 赤福」とだけ書いてあるこのお茶の入れ物シンプルでいいです。

このほうじ茶を飲むと、赤福を思い出します。安かったので是非みなさんも買ってみてください。

ほうじ茶は、他のお茶と違って「カフェイン」が少なく渋み成分の「タンニン」も消えてしまうので、胃にも優しく、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く飲める魅力的なお茶です。

ほうじ茶は安いものと思い込んでいましたが、高級なものも存在するそうです。一度その高級ほうじ茶を飲んでみたいところです。

番茶や玄米茶

番茶は元々「晩茶」と書いていたそうで、新芽を摘み取った後に伸びてきた芽を摘み取っていました。
製法は、煎茶と同じで摘み取った茶葉を蒸し、揉んで乾燥・・・が多いのですが、生産各地によって製法が若干異なってきます。

番茶は、庶民の味でも親しまれてきました。阿波番茶や京ばん茶が有名です。

各地でいろいろあるので飲み比べや、茶葉の見た目も全く違うのでお取り寄せなんかをしても面白そうな番茶です。

玄米茶は、香ばしくて美味しいですよね。

本来は、茶葉と玄米を1対1で合わせたものですが、今ではいろんなバリエーションがあります。

私は抹茶も混ぜてある玄米茶がお気に入りです。スーパーやお米屋さんなんかで玄米が手に入るようでしたら、玄米を自分で炒って、お茶の葉に混ぜてオリジナルの玄米茶を作るのも面白いですよ。

結構手軽に作れます。みなさんお茶漬けにどんなお茶書けますか?私はお茶漬けに玄米茶をかけますよ。香ばしくて結構おいしいのでオススメですよ。

美味しいお茶の入れ方

前にも書いたと思いますが、お茶は種類によって入れ方が異なります。せっかく美味しいお茶を飲むのですから、少しでも美味しく飲んだ方がお得ですよね。
でもいくつか共通点があるので先にそちらを教えます。

まずは、最初に湯飲みや急須にお湯を入れて温めまておきましょう!そうすることで冷めることを防げます。

お湯は器に移すたびに10℃下がる性質があるので、冷たい湯飲みや急須を使うとそれだけで冷めてしまいますので気を付けて。

飲みたいお茶の量より少し多めに湯を沸かすだけでいいので、そこまで大変な作業ではないと思います。

あとは、最後の一滴まで湯飲みに注ぎましょう。

茶葉は大き目のスプーン1杯(6g程度)なので、それを参考にしてください。

  • 「玉露」茶葉(8g)を投入し、40-50℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて2-3分じっくりじっくり蒸らしましょう。そうすると旨みが出ます。
  • 「煎茶」茶葉(6g)を投入し、70℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて30-60秒程度蒸らしましょう。
  • 「粉茶」茶葉(5g)を投入し、80℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて10-20秒程度蒸らしましょう。こちらは長く蒸してしまうと味が悪くなりますので注意が必要。
  • 「番茶」茶葉(6g)を投入し、90-100℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて20-30秒程度蒸らしましょう。
  • 「ほうじ茶」茶葉(6g)を投入し、90-100℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて20-30秒程度蒸らしましょう。
  • 「玄米茶」茶葉(6g)を投入し、90-100℃程度のお湯を注ぎます。ふたを閉めて20-30秒程度蒸らしましょう。

温度計がない!という方は、先ほど書いた、器を移動するとそれだけで10℃下がるという事を頭に入れてやれば簡単に温度が下がりますよ。

ではみなさんも私と一緒に美味しい日本茶を飲みましょう!